米肌とミューノアージュを比較

米肌ミューノアージュの比較をしてみました。

米肌とミューノアージュの成分の違いは?

米肌

洗顔後にすぐ化粧水をつけないとつっぱり感があったり、たっぷりと化粧水をつけているのにお肌の潤いが変わらない、または時間がたつと乾燥してしまう・・・このような悩みはありませんか?

しっかり保湿しているつもりでも、それはその場だけの「即席潤い」のせいかもしれません。スキンケアを根本的から見直してお肌に潤いを創り出すために作られたのが「米肌」です。

「米肌」には、日本酒を造る発酵の技術を駆使して、100%の国産白米を90日間発酵、熟成することで抽出されたライスパワーNo.11が配合されています。

このライスパワーNo.11は、セラミドを産生しお肌が自ら潤う力(水分保持機能)を改善することができる唯一の有効成分です。また、砂漠の中でも育つ復活草に多く含まれるグルコースと合成された進化版のトレハロースも配合されており、空気中の水分までお肌の内部に取り込んでしまうのです!

米肌を使うことで、お肌に潤いを取り込む同時に潤いを創り出し、潤い不足から起こる様々なお肌のトラブルを解消することができます。

ミューノアージュ

年齢を重ねたお肌の様々なトラブルの原因の解消のために、潤いを与えるだけのケアでは十分ではありません。それは、お肌の生まれ変わるサイクル、つまりターンオーバーそのものが乱れてしまっているからなのです。

若くて健康なお肌のターンオーバーはおおよそ28日周期と言われています。それに対して、年齢を重ねたお肌のターンオーバーは約40日と言われ様々なダメージがお肌に残りやすくなってしまうのです。

そうして残ったダメージが、目元や口元の年齢サインやハリ弾力の低下の原因となります。ミューノアージュはその部分に焦点を当てて、数千種類もの中からハリと弾力のために必要な7種類のペプチドを、黄金比率のオリジナル処方で厳選配合しています。

朝晩の化粧水とクリームだけで簡単にお手入れができるのに、もっちりとしたつやのあるお肌へと導くことができます。

米肌とミューノアージュは敏感肌に使えるの?

米肌

「米肌」は厳しい安全基準をクリアした商品ですが、特に敏感肌の方のために作られた商品ではありません。お肌に合うかどうかは実際に使ってみないとわからないので、まずはトライアルセットからのお試しをおすすめします。

アレルギーテストは行なっていますが、すべての方にアレルギーが起こらないとは言い切れないので、心配な方は、パッチテストで試してから使ってみてください。

ミューノアージュ

ミューノアージュには、お肌に刺激を与えるものは使用していません。と言うのも、ミューノアージュを開発した先生自体が敏感肌で悩んできた経験を持ち、多くの敏感肌で悩む人を見てきたからです。

ですから、ミューノアージュは本当にお肌に必要なものだけで作られており、香料、着色料、パラベン、エタノール、石油系合成界面活性剤の6つの添加剤を使用していないので、敏感肌の方も安心して使用することができます。

米肌とミューノアージュの価格の違いは?

米肌

米肌を試してみたい方のために、14日間のトライアルセットである「潤い体感セット」が、なんと1500円(税込)で購入できます。この「潤い体感セット」には、肌潤石鹸、肌潤化粧水、肌潤改善エッセンス、肌潤クリームがついています。
しかも送料は無料です。

ミューノアージュ

ミューノアージュを試してみたい方のために、10日間のトライアルセットがあります。4000円相当のハリ弾力化粧水とハリ弾力クリームがたっぷり10日間分がセットとなっており、初回限定の特別価格1620円(税込)で購入することができます。

しかも、送料、手数料ともに無料です。薬用美白美容液2mLが2包プレゼントとしてついてきますよ。

まとめ

いかがでしたか?どちらもとても評価の高いスキンケア商品です。トライアルセットから始めてみてはいかがでしょうか?

米肌トライアルセット